保育を深める

就学先はどう選ぶ?

支援が必要と思われる子の就学支援【1】

2018.08.13

就学先が決まるまで、どの時期に何をすればよいのでしょう?保護者に訊ねられたときに説明ができるよう、就学までの流れを把握しておきましょう。

見通しが立てられると流れもスムーズに
就学してからの支援が必要と思われる子がいる場合、就学先が決まるまでの見通しが立てられると、それに応じて保護者との面談を設けるなど、ゆとりを持って就学支援を行うことができます。

各自治体によって少しずつ時期がずれますが、新年度になると、来年小学校に入学する年長児を対象とした「就学相談説明会」が開かれます。保護者が参加しやすいよう、あらかじめ情報をインプットし、保護者に提供できるとよいでしょう。いつ「就学相談説明会」が開かれるのか、その後のスケジュールはどうなっているのかなど、地域の教育委員会に問い合わせて確認をしておきましょう。

(年長)4月~
・就学相談説明会

6月~
・就学相談申し込み&就学相談
・学校見学・体験

10月~
・就学時健康診断

1月
・就学先決定

4月
・入学

監修/内山登紀夫(大正大学心理社会学部臨床心理学科 教授)

イラスト/山村真代 取材・文/仲尾匡代

PriPri発達支援 保育を深める 入学 支援 発達障害

この記事が詳しく掲載されているのは  

PriPri特別編集 発達支援

48,49ページに掲載

保育雑誌PriPriでの連載開始以降、常に読者の反響が大きい「発達に課題のある子の保育」。その子どもたちの数は増加傾向にあり、保育者は対応に苦慮しています。本書は、PriPri特別編集!保育業界初の発達障害&診断名のついていない発達に課題のある子のための保育情報誌です。発達障害の理解や、製作活動時の具体的な支援、また、子どもの障害を受容する保護者を保育者はどう支えるかや、就学準備まで、知っておきたいテーマを網羅しました。各専門家による最新情報はもちろん、保育・教育現場の実例や、当事者・保護者のリアルな声など、写真やイラストをたっぷり使ってお届けします。

他のアイデアを見てみる

ページ上部に戻る