あそび

今森光彦さんの自然あそび

切り紙「ちょう」&「いちご」

2017.03.13

【子ども向け】ちょう
花の蜜を求めて、野原をひらひらと飛び回ります。種類によって色や模様、形が異なる、4枚の翅(はね)が観察ポイントです。写真は花の蜜を吸うアゲハです。

 

20170313_02

【保育者向け】いちご
3月ころから白い花が咲き、緑色の小さな実がだんだんと赤く大きくなります。実の外側に種があるのが特徴です。長いつるやギザギザの葉っぱが観察ポイントです。

今森光彦
1954年滋賀県生まれ。琵琶湖をとりまく自然と人との関わりをテーマに撮影する写真家。また、はさみで自然の造形を鮮やかに切りとるペーパーカットアーティストとしても知られる。

写真/今森光彦 磯﨑威志(Focus & Graph Studio)大畑俊男

あそび 今森光彦 自然あそび

この記事が詳しく掲載されているのは  

PriPri プリプリ 2017年4月号

58-59ページに掲載

さぁ!もうすぐ新年度が始まります。PriPriは“保育サポーター”として、「季節感ある保育室で子どもたちを迎えたい」「子どもと保護者と丁寧に向き合いたい」「保育を高めたい」そんな先生方を応援してまいります! 4月号の特集は“こいのぼり”。「他園の活動を知りたい」という要望にお応えして、47都道府県分の活動実例をご紹介。あそびページには、エビカニクスでおなじみケロポンズのうたあそびが初登場!PriPriの代名詞、季節の製作ページでは、園の先生方とPriPriとで考えた製作をご提案します。発達に課題のある子の製作活動の支援も。このほか、0・1・2歳児の保育や保護者対応、小規模保育などの今の保育を支える保育施設を紹介する新連載もスタート。保育のあらゆる情報が詰まったPriPriを、どうぞ使い込んで、保育にお役立てください。

他のアイデアを見てみる

「あそび」が気になるあなたにおすすめ

ページ上部に戻る