あそび

素材とであう!道具とであう!

えのぐをあそぶ

2017.05.01

えのぐが動くと心も動く……のびのび思い思いにあそびましょう。
「やってみたい!」「きれいだなー」と思うような、魅力的な絵の具のセットを準備することが大切です。絵の具を使う時のお約束は、「ビンのふちで筆をチョンチョンとするといいよ!」「筆は元の所に戻してね」と、それだけで十分です。こうすると、使う前からボタボタ垂れてやりづらくなることもありません。

ぐいっと線を引いて、トントンと打って、グルーッと混ぜて、ポタポタ落ちてにじんで……柔軟に変化する絵の具に夢中になってあそびます。「何かを描く」のではなく、素材に触れてたくさんあそび「絵の具となかよくなる」活動です。

馬場千晶
銅版画作家、鶴見大学短期大学部 非常勤講師、大森みのり幼稚園/仲町保育園 他 造形講師
●主な著書「保育園・幼稚園の造形あそび」(成美堂出版)、「美育文化ポケット」(公益財団法人 美育文化協会)編集委員

あそび 保育 季節の製作 造形

この記事が詳しく掲載されているのは  

PriPri プリプリ 2017年5月号

39ページに掲載

保育が動き始めた5月。今号は、これから1年過ごす保育室をおしゃれにかわいく変える“春の環境づくり”を大特集!あえて壁面を飾らなかったり、自然物を取り入れたり、いつものPriPriとはひとあじ違う部屋飾りをご紹介します。五領域で考える環境構成の記事もぜひご一読ください。製作は、はじめてのはさみ&絵の具にスポットを当てます。読み物では、苦戦する方も多い保育記録の書き方について取り上げます。

他のアイデアを見てみる

「あそび」が気になるあなたにおすすめ

ページ上部に戻る