ホッと読み物

柴田愛子のハートフルエッセイ

子どものけんか

2018.06.01

エピソード1 そうま君りお君
あら、あら、砂場でけんかが始まりました。3歳児のそうま君が持っている大きい黄色のシャベルを、3歳児でいちばん小さいりお君が取りに行ったのです。ふたりは無言のまま、長いシャベルの両端から手を離さずにすったもんだしています。

保育者がりお君に「ここに同じのがあるよ」と声をかけましたが、りお君は聞く耳持たず。「そんなの知ってるよ。だけど、そうま君のシャベルがいいの!」ということでしょう。しかし、大きいそうま君のほうが力がありました。シャベルはそうま君の手に。ところがです。りお君がそうま君に向かって泣いてアピールを始めました。目をそらさず、ワーンと大きな声をあげ続けます。そうま君は困っちゃいました。

「ぼくが先に持っていたのに」とつぶやきましたが、やがて、「しょうがないなぁ」と、シャベルをりお君に渡しました。ニコッ。ちゃっかり泣きやんだ、りお君でした。これはふたりの関係が生まれた頃のエピソード。ことばは使わずとも、なかよくなるための手段を、子どもは本能的に知っているのです。

文/柴田愛子 撮影協力/りんごの木(神奈川県)
写真/磯﨑威志(Focus&Graph Studio) 編集/森 麻子

エッセイ ホッと読み物 保育者応援 柴田愛子

この記事が詳しく掲載されているのは  

PriPri プリプリ 2018年7月号

50,51ページに掲載

夏といえば、「夏祭り」や「おばけ」。今号の特集は「夏のお楽しみ向上プラン15」と題し、夏の行事を200%楽しみ尽くすアイデアが盛りだくさん!暗い夜でも光ってきれいなおみこしや縁日ゲーム、怖さでひやっと涼むおばけやしきは、甘口&辛口の2バージョンでお届けします。

他のアイデアを見てみる

ページ上部に戻る