あそび

製作アイデア・実例

交流が生まれる子ども製作

2018.07.02

8月のねらい 友だちと関わる
クラスが落ち着き、「グループで」「みんなで」の交流が生まれる時期です。秋以降は、行事での集団活動が増えます。あそびやことばのやりとりを通して、イメージを共有しながら、力を合わせて一緒に活動する楽しさを味わいましょう。

監修/宮地明子
造形作家であり、子ども向けの美術教室主宰。保育士として勤務しながら現場に合うプランを提案。日本児童教育専門学校非常勤講師。

プラン・制作/マーブルプランニング 写真/柏原真己 久保田彩子(本社写真部)

8月 あそび アイデア 実例

この記事が詳しく掲載されているのは  

PriPri プリプリ 2018年8月号

32,33ページに掲載

園のビッグイベント「運動会」!少しずつ準備を始める時期になりましたね。今号では、運動会競技を大特集!ケロポンズ&カツリキの人気曲から生まれた競技をはじめ、競技・ダンスにぴったりな衣装をご紹介。なかでも目玉は、ディズニーの応援グッズ。ミッキー&ミニーのメガホンやフラッグは、手にするだけで子どもがワクワクすること間違いなし!特別付録にはディズニーの部屋飾りキットを。切り取って使えば、ドナルドカレンダーが簡単に作れます。

他のアイデアを見てみる

「あそび」が気になるあなたにおすすめ

ページ上部に戻る