あそび

素材とであう!道具とであう!

造形あそび

2017.04.03

幼児期の子どもたちにとって造形活動とは、特別な芸術活動や、保育室の壁を飾るための立派なものを作る時間ではありません。〈日々の生活のなかにあるあそびのひとつ〉です。

たくさんの素材や道具とであい、お友だちや保育者と関わりながらあそび、存分に自分の思いを試す「過程」こそが重要です。

保育 季節の製作 造形

この記事が詳しく掲載されているのは  

PriPri プリプリ 2017年5月号

36-37ページに掲載

保育が動き始めた5月。今号は、これから1年過ごす保育室をおしゃれにかわいく変える“春の環境づくり”を大特集!あえて壁面を飾らなかったり、自然物を取り入れたり、いつものPriPriとはひとあじ違う部屋飾りをご紹介します。五領域で考える環境構成の記事もぜひご一読ください。製作は、はじめてのはさみ&絵の具にスポットを当てます。読み物では、苦戦する方も多い保育記録の書き方について取り上げます。

他のアイデアを見てみる

「あそび」が気になるあなたにおすすめ

ページ上部に戻る