ホッと読み物

柴田愛子のハートフルエッセイ

ざりがに釣り

2017.05.01

子どもとあそぶ愛子先生の姿は、まるで子どもそのもの。いつも子どもと同じ目線、同じ感性で、一緒に笑ったり、感動したり。だから、一緒にあそぶ子どもの目の輝きはひと味違います。

そんな愛子先生も、保育者になった当初は、子どもとあそぶことに戸惑いがあったそう。子どもに教えてもらいながら保育者として成長していった、と語る愛子先生の保育のお話。はじまり、はじまり。

エッセイ ホッと読み物 保育者応援 柴田愛子

この記事が詳しく掲載されているのは  

PriPri プリプリ 2017年6月号

54-55ページに掲載

7月7日は“たなばた”。巻頭の七夕特集では、製作やクッキングなど行事を楽しめるアイデアをバラエティ豊かに揃えました。七夕飾り製作は、子ども達の興味や発達にあわせて選べます。職員劇は動画も公開中!雨の多いこの時期は室内活動も増えるころ。あじさいや傘など梅雨ならではのモチーフを作ってあそびませんか?0・1・2歳は「運動あそび」「食育」「保護者対応」の3本柱。特に食育では保育の中で野菜と触れ合う大切さや栽培方法を紹介します。

他のアイデアを見てみる

ページ上部に戻る