季節のお話

5月のおたより文例

5月の幼児

2018.05.07

  • 新しいクラスに少しずつ慣れてきた子どもたち。友だちの名前を呼び合ってあそぶ声が聞こえてきます。「入れて」「いいよ」というやりとりも増え、なかよしの輪が広がっています。

  • ウサギや小鳥のお世話をする当番活動が始まりました。「葉っぱが好きなんだね」「耳が動いたよ」と、目をまん丸にして驚く子どもたち。毎日新しい発見に心を躍らせています。

  • 園で育てているイチゴが真っ赤に色づいたことをきっかけに、「 折り紙でイチゴを作りたい」とリクエストがありました。保育室に飾ったイチゴからは、甘い香りが漂ってくるようです。

5月 おたより 文例

この記事が詳しく掲載されているのは  

PriPri プリプリ 2018年5月号

98ページに掲載

新たな園生活が始まり、保護者参観や母の日・父の日といったファミリーデーの季節がやってきます。今号は、保護者参加型のあそびや製作など、パパやママと一緒に楽しめるアイデアをご紹介。あそびは、NHK「つくってあそぼ」のわくわくさんこと久保田雅人さんによる工作あそびや、でんじろう先生の科学あそび、阿部直美先生のふれあいあそびと、豪華著者陣による盛り上がり必至のアイデアを!

他のアイデアを見てみる

「5月」が気になるあなたにおすすめ

ページ上部に戻る